スクール開校一ヶ月を終えて感じたこと

9月にスクールを開校し、約一ヶ月が経ちました。

メニューも覚えてきて練習がスムーズに行えるようになってきた

開校当初は、それぞれ違う学校から集まったスクール生たち、いつもと違う環境などで緊張気味だった子どもたちが、一ヶ月も経つとすぐに慣れてきてニコニコ会話する姿や、お互いを名前で呼び合う場面が増えてきました。

私自身、現役時代はまずチームメイトやチームスタッフの名前を覚えて、たわいもない会話をすることを心がけていましたが、子どもたちは無意識に知らない間に仲良くなっていくことに驚きました。

とは言っても、ただ仲良く『友達』とバスケットを楽しむだけではなく、そこから仲間、『チーム』としてお互いを意識するように指導していきたいと思います。

チームメイトのためにいいパスをしたり、チームメイトのために声を出したり、チームメイトを思う気持ちや気配りなど、ただバスケットのスキルを身につけるだけでなくこういった協調性の部分もこれからしっかりと伝えたいと思います。

また、当スクールでは最近導入したモルテンのシューティングマシンを使ったシュート練習なども行っています。

シューティングマシンを使った練習
マシンを使って効率よくシュート練習できる

こういったマシンを使った練習も子どもたちにとってはいい刺激になるので、今後も積極的に取り入れたいと思っています。

京都で本気でプロバスケットボール選手を目指すなら、CreEightバスケットボールスクールへ!
スクールの詳細・入会申し込みはこちらから>

出張スクールも行っていますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 京都ハンナリーズの開幕戦にて、引退セレモニーをさせて頂きまし…

  2. 京都・伏見で9月にオープンした【BACKDOORBASE】に…

  3. TOJI CRAFT BEER 『GOBAN』のアンバサダー…

  4. 8月2日、5日に京都で無料体験スクールを行いました

  5. この度「KYOTO BB.EXE」のゼネラルマネージャーに就…

  6. 京都の長岡中学バスケ部へ、出張スクールに行ってきました

PAGE TOP